【告知】「ジャーロ」No.73に企画・編集を担当した記事が掲載されます

【告知】「ジャーロ」No.73に企画・編集を担当した記事が掲載されます

9/25発売のミステリ文芸誌「ジャーロ」No.71(光文社)に、遊井電企が企画・編集を担当する連載「バスルームで小説を書く100の方法」の最新エピソードが掲載されます。

ミステリ作家がどんな環境で小説を書いているのか。どんな道具を使って物語を作っているのか。――「バスルームで小説を書く100の方法」は、一人の作家を文化的な背景からではなく、使ってきた機材から捉えるドキュメンタリー企画です。インタビューを通じて、作家が使った機材を明らかにするとともに、小説の書き方を探っていきます。
第11目となる今回のゲストは、2019年に『愚か者の身分』でデビューした西尾潤さん。

ヘアメイクアーティストと作家、両方のプロフェッショナルである西尾さんの仕事の流儀に迫りました。
西尾さんのiPhoneをフル活用したネタ集め術には以前から興味があったので、そこを重点的に伺ってきました。
ご興味がある方はぜひぜひ。よろしくお願いいたします。

mysteryカテゴリの最新記事