狼であるとはどういうことか。わからなければ『羊の国のイリヤ』を読むべし

狼であるとはどういうことか。わからなければ『羊の国のイリヤ』を読むべし

今回は発売されたばかりの福澤徹三『羊の国のイリヤ』を取り上げたい。

あらすじはこうだ。

食材偽装の告発に絡み、子会社に左遷された50歳のサラリーマン、入矢悟。過酷な業務に耐えかねて本社への復帰を図ったが、冤罪での逮捕をきっかけに解雇され、家庭は崩壊する。さらに悪徳プロダクションの罠にはまった大学生の娘に助けを求められる。

働き口を見つけようと、入矢は刑務所で同室だった男に聞いた自動車修理会社に出掛けたが、その経営者はまさに殺される所だった。現場を見た入矢も殺されそうになるが、必死に命乞いをして殺し屋から半年の命の猶予を得た。

「きょうは十月十三日だ。半年だけ待ってやる」「あんたの寿命は、長くても来年の四月十三日までってことさ」。 その殺し屋――四科田了は、常識や倫理を超越した男だった。

四科田の指示通りに動く日々が始まった。恐怖と凄惨な暴力に苛まれる悪夢のような日々。入矢は孤独と絶望のなかで、しだいに変貌を遂げていく。

残された日々で、娘の行方を突き止め救出することができるのか。そして、入矢は四科田から逃げのびることができるのか。

現代社会の闇を疾駆するノンストップ・ノワール!

本書は暴力、中でも報復を描いた小説である。この時点で、「暴力での解決こそ至高!」みたいな僕はメーター上がりっぱなしだ。
しかも、それまで社会に飼いならされきた男が、痛めつけられ追い込まれていく内に、牙を剥くようになる……という話の展開には、なおさら興奮。鼻血が出てしまう。

終盤、入谷は飼いならされた“羊”から暴力でもって解決する“狼”へと変貌を遂げる。入谷が社会から受けてきた理不尽な仕打ち、半グレや極道たちの無軌道ぶり、そして入谷自身の自分を甘やかし諦めてきた性格。それらがしっかりと描かれているからこそ、入谷が牙を剥いてからは実に活き活きとしている。
特に唸らされたのが、半グレの描写。
半グレを描いた作品というのは最近少なくない。しかし、ここまでちゃんと彼らの狡猾さを描けているものはなかなかないだろう。彼らが本作において高い壁として存在できているのは、彼らの狡猾さ、なかでも立ち回りのうまさが描けていたからだ。

『羊の国のイリヤ』で描かれる蜂起

さて、飼いならされてきた人間の蜂起をテーマとする作品に、映画『ジョーカー』がある。

同作は、自らを持たざる者だと思い込んでしまった男が蜂起し、それがやがて連帯を生んでいく……という展開を見せる。
一方で、『羊の国のイリヤ』は自分を諦めていた男が蜂起する物語ではあるが、連帯を拒もうという意志が感じられる。四科田了は自分と他者を分けるよう、つまり無責任な連帯を否定する。他者にすがるのではなく、自分で責任をとれとしっかりと訴える。
本作を読んだ後だと、『ジョーカー』すらも単純なヒーロー映画のように見えてしまう。「蜂起するなら、連帯を夢想するな。自分でケツを拭け」というメッセージを、僕は『羊の国のイリヤ』から受け取った。

単なるノワールという枠におさまらない作品である。おすすめでっせ。

Columnカテゴリの最新記事